日経225miniについて

システム運用投資顧問 TOP日経225miniについて
【日経225先物との違い】

2006/7/18より日本取引所グループ(当時は大阪証券取引所)において、日経225miniの取引が開始されております。日経225miniは日経225先物の10分の1の想定元本で取引できますが、それ以外にやや制度に違いがありますので、それらについてご説明いたします。

日経225 先物日経225mini
乗数1000倍100倍
証拠金※プライス・スキャンレンジプライス・スキャンレンジ X 0.1
呼値の単位10円5円
限月取引3月,6月,9月及び12月の
限月取引の13限月取引制
3月,6月,9月及び12月の2限月取引及び
それ以外の月の直近3限月取引の16限月取引制

※証拠金は、実際には上記データに各証券会社独自の倍率(1.0~1.4)をかけた数値となります。

日経225miniの限月取引の説明はややわかり難いのですが、要するに今が2月後半だとすると3月、4月、5月、6月、7月の5限月が取引されるということです。その場合、当然4月、5月、7月の3限月についての最終決済はマイナーSQで決済されます。

制度の違いはここまでですが、これが実際の取引にどう関わってくるかというと、システム運用投資顧問のシステムは日経225先物を想定して作られていますので、日経225先物はSQでポジションが解消されているのに、日経225miniではポジションが残っているといったことが想起されます。そうした事態を避けるためにも日経225miniで建玉される際は、極力3月,6月,9月及び12月の限月でお願いいたします。

【日経225miniの手数料】

日経225先物と比べ小口になってしまう分、手数料がやや割高になってしまうことは否めません。とは言え、気になる程高い訳ではありません。ネット証券各社の手数料を調べましたので、ご参考にしてください。

1枚あたりの手数料
証券会社日経225 先物日経225mini備考
クリック証券 280円 39円
岡三オンライン証券 324円 43円
マネックス証券 356円 54円
ライブスター証券 270円 38円 最低手数料100円
楽天証券 300円 41円
SBI証券 270円 27円
松井証券 324円 43円
カブドットコム証券 324円 41円
エイチ・エス証券 0.0054%0.0054%


※2016/03/20現在のデータです。



Copyright © 2017 System Investments Adviser All Rights Reserved.