資金管理(Money Management)

システム運用投資顧問 TOP > 資金管理

マネー・マネジメントはお客さまにとって極めて重要です。 人によってはシステムの良し悪しより重要だと説く方もいらっしゃいます。 そこで、投資資金に対しどの位の建玉をすればよいかという点について、 参考データをご提示いたします。

1枚当りの必要証拠金

ここでの必要証拠金とは証券会社に積んでおく最低証拠金のことではありません。 取引をして行く上で、評価損が発生することは避けられないことですが、 最低証拠金しか積んでいないのであれば、多少の評価損でも追加証拠金を求められること となり、追加証拠金を差し入れできなければ、建玉を強制的に処分されることもあります。 従って、証拠金は余裕を持った金額を積んでおくことが必要です。 では、どのくらい積んでおけばいいのかというのが必要証拠金です。 まず、最低証拠金の計算例を示します。

      プライス・スキャンレンジ:300,000円(2011/1/4~1/7)
      証券会社の独自設定の倍率:1~1.4倍
      300.000円 X 1枚 X 1~1.4倍 = 300,000~420,000円

プライス・スキャンレンジは株式会社日本証券クリアリング機構 が毎営業日に公表し、翌営業日から適用されます。このプライス・スキャンレンジは 日経225先物の価格水準と変動率から算出されますが、当然価格水準が高い程大きくなり、 また変動率が大きい程大きな数値となります。つまり評価損が発生していなくても、 プライス・スキャンレンジの数値が大きくなれば、追加証拠金が必要になる場合も ある訳です。実際に東日本大震災のとき、倍率を1.0から1.4に引き上げた証券会社が ありましたし、プライス・スキャンレンジも2011/03/25まで27万円だったのが、 3/28からは99万円になっています。話を戻しますと、そこで、もっとも変動が大きい ときにどの位になるかということが重要で、リーマン・ショックの暴落時では プライス・スキャンレンジは120万円でした。当時の日経平均の水準は8000~9000円位 でしたので、そこから計算するとプライス・スキャンレンジは以下の金額を用意しておけば、 大体大丈夫ではないでしょうか。

      日経225先物の価格 X 150

一方で、評価損についての備えも必要ですので、こちらは最大ドローダウン を用いて計算します。システム運用投資顧問のシステムは想定元本を約1000万円 として計算していますので、最大ドローダウン (-3,282,285円)はおよそドローダウン率32.8%(端数は四捨五入)と考えられます。 これによる備えは以下の金額となります。

      日経225先物の価格 X 328

よって、この2つを足した以下の数値が余裕を持った1枚当りの必要証拠金と考えます。

      日経225先物の価格 X 478

例えば、投資資金が2000万円で、日経225先物の価格が15,000円だとすると、

      2000万円 ÷ (15,000円 X 478) = 2.79枚

ということで、2.8枚建てられることになります。但し、この数値は最悪の場合を 想定した余裕を持った数値ですので、資金効率はよくありません。 更に、システム運用投資顧問のシステムはリーマン・ショックの暴落時のような ボラティリティが高い相場において、 高いパフォーマンスを上げる強い傾向がありますので、システムの能力を加味した 効率を考えるのならば、以下のオプティマルfをお読みください。




オプティマルf

オプティマルfとは、マネー・マネジメントに立脚し、システムの能力を 最大限に引き出す最適な投資比率を計算するための手法です。 具体的な計算方法は長くなりますので、ここでは割愛させていただきます。 詳しく知りたいお客さまはラルフ・ビンス著 「投資家のためのマネー・マネジメント」をお読み ください。これによる最適投資比率は以下のようになります。

      投資資金 ÷ (最大損失 ÷ オプティマルf)

ここで、システム運用投資顧問のシステムは売買代金が約1000万円(日経225先物の価格で10,000円)になるように調整して計算してありますので、それを上記式に当てはめますと、

      投資資金 ÷ (最大損失 X (日経225先物の価格 ÷ 10000円) ÷ オプティマルf)

システム運用投資顧問のシステムの2019/08/30時点の最大損失は1,947,785円、システム運用投資顧問のシステムのオプティマルfは0.9741ですので、それを上記式に代入しますと、

      投資資金 ÷ (1,947,785円 X (日経225先物の価格 ÷ 10000円) ÷ 0.9741)
      = 投資資金 ÷ 日経225先物の価格 X 0.00500

例えば、投資資金が2000万円で、日経225先物の価格が15000円だとすると、

      2000万円 ÷ 15,000円 X 0.00500 = 6.67枚

ということで、約7枚建てられることになります。ただ、オプティマルfは資金の幾何的成長を最大化しますので、 ドローダウン発生時にも作用する両刃の剣となり、レバレッジのかけ過ぎは破産の確率を急激に高めます。 そこで、最大損失時にどの位の評価損が発生するかを上記の例にならって投資資金が2000万円のときを計算します。

      -1,947,785円 X 7枚 = -13,634,495円

-13,634,495円は投資資金2000万円の約68.2%に相当します。これでは再起不能の評価損と考えてよいでしょう。

このようにオプティマルfは両刃の剣ですので、弊店としては推奨しかねます。では、何故ご紹介したかと言えば、こういう考え方もあるということと、 オプティマルf自体ある程度市民権を得ているからです。 ですが、一発で投資資金の68%を失いかねないような過大なリスクは負うべきではありません。 では、次にこの点を踏まえて、リスクをどの程度までとればよいのかを考えます。




リスク許容度

人はそれぞれリスク許容度が違います。リスク許容度を超えない範囲で投資をする のが投資の鉄則ですので、リスク許容度の範囲内で何枚まで建玉可能なのかは 以下の計算式で算出されます。

      投資資金 X リスク許容度 ÷ 最大損失 X 係数

この場合、リスク許容度とは投資資金が何%まで減るのを我慢できるかという数値で考えます。 ここで、システム運用投資顧問のシステムは売買代金が約1000万円(日経225先物の価格で10,000円)になるように 調整して計算してありますので、それを上記式に当てはめますと、

      投資資金 X リスク許容度 ÷ (最大損失 X 日経225先物の価格 ÷ 10000円) X 係数

例えば、投資資金が2000万円で、日経225先物の価格が15000円、リスク許容度を30%(損失を最大600万円まで許容するということ)、 システム運用投資顧問のシステムの2019/08/30時点の最大損失は1,947,785円です。係数はリスク許容度が20%の時レバレッジが3倍になるように調整してあります。

      2000万円 X 30% ÷ (1,947,785円 X 15,000円 ÷ 10000円) X 2.92 = 6.00枚

ということで、6枚建てられることになります。




レバレッジの効果

リスク許容度を気にしていたら、あまり儲からないと思うお客さまもいらっしゃると 思いますが、僅かなレバレッジでも非常に大きな効果 があることをデータでご提示しましょう。その前にレバレッジは以下の計算式で算出され ます。

      想定元本 ÷ 投資資金

例えば、投資資金が2000万円で、日経225先物の価格が15000円、建玉数4枚の場合は、

      15,000円 X 1000 X 4枚 ÷ 2000万円 = 3倍

更に、下記の半年複利で10年間運用し、税金控除後収益は以下の計算式で算出されます。

      (年間平均収益率 ÷ 2 ÷ 100 X レバレッジ X 0.8 + 1)^20

ちなみに、年複利で10年間運用し、税金控除後収益は以下の計算式となります。

      (年間平均収益率 ÷ 100 X レバレッジ X 0.8 + 1)^10

さて、弊店のシステムでは半年複利で10年間運用した場合に6.40倍(2019/08/07現在)になるというデータがあります。 しかし、この計算には税金が加味されていません。そこで、20%の税金を加味した上で、弊店の収益率ならば各レバレッジのとき何倍になるかというのが以下のデータです。 年間平均収益率ですが、19.71%(2019/08/30現在)で計算しています。

半年複利で10年間運用
税金控除後収益
レバレッジ収益(単位:倍)
1 5.0
2 22.5
3 90.4
4 332.1
51,126.9
63,563.6

いかがでしょうか?僅か3倍のレバレッジで90倍と いうのも凄いと思います。当初資金が1000万円であれば、10年後には9億円になる 可能性を示しています。但し、年間平均収益率通り運用できればという大前提が ありますので、この数値を信じて頂いては困ります。ここで申し上げたいのは、 収益を重視し過ぎて、過度なレバレッジをかけなくても十分な収益を 上げられる可能性があるということです。

更に、ここで申し上げているのは想定元本に対しての レバレッジです。日経225先物取引の最低限の証拠金 で考えますと、ボラティリティの低いときでは レバレッジは10倍以上になります。




インプライド・ボラティリティ

これまで、「1枚当りの必要証拠金」、「オプティマルf」、「リスク許容度」でご紹介した建玉量には、ある重要な視点が欠落しています。 それは市場の状況です。この場合、ボラティリティという要素が極めて重要です。 当然ながら、低ボラティリティ時には市場は穏やかに動きますので、 万一の場合に備えたポジションにするべきでしょうか?暴落や暴騰は頻繁にある訳ではありません。そうすると、より現実的な対応はボラティリティの 値によってポジション量を加減することではないでしょうか?

ボラティリティを加味した建玉数は以下の計算式で算出されます。 尚、係数はリスク許容度が20%、ボラティリティが15%の時レバレッジが4倍になるように調整してあります。

      投資資金 X リスク許容度 ÷ (日経225先物の価格 X ボラティリティ ÷ 1000円) X 係数

例えば、投資資金が2000万円で、日経225先物の価格が15000円、リスク許容度を30%、インプライド・ボラティリティが20%とすると

      2000万円 X 30% ÷ (15,000円 X 20%) ÷ 1000円 X 3.00 = 2.00枚

インプライド・ボラティリティは日経新聞社が毎日公表しています。 しかし、そのDataは前日の市場のDataです。例えば、低ボラティリティの状況がしばらく続いていた時に、NYダウが500$安したとします。 当然、ボラティリティは急上昇しますが、翌日の日経新聞社の発表まで待ってはいられません。 このような時は、ネット証券のオプション相場を見てください。インプライド・ボラティリティはIVと略してDataがあります。 日経平均の終値に最も近いCallとPutのIVの平均値を入力してください。




まとめ


「1枚当りの必要証拠金」、「オプティマルf」、「リスク許容度」、 「レバレッジの効果」及び「インプライド・ボラティリティ」 でご提示しましたデータはあくまでも参考データです。 それによってどのように建玉されるかは、お客さまの自由です。 ただ、最も重要なのは「リスク許容度」です。更に、投資資金も損益の発生の都度 変わっていきますし、日経225先物の価格も都度違いますので、新規に建玉される際には 改めてご計算ください。以下に投資資金とリスク許容度を入力すれば、 上記計算結果を出力しますので、参考にしてください。

尚、最大損失、最大ドローダウン、インプライド・ボラティリティ 等を変更することにより、弊店以外のシステムの計算もできますので、 やってみてください。但し、最大損失と最大ドローダウンは売買代金が1000万円 になるように調整してください。

      【前提条件】   2019/10/15 現在

日経225先物価格  円201912限
投資資金 万円
リスク許容度  %
最大損失  円売買代金1000万円の場合
最大ドローダウン 円売買代金1000万円の場合
前日のIV  %当日はNet証券のDataを入力

      【計算結果】

最大建玉数 レバレッジ
1枚当りの必要証拠金   
リスク許容度   
インプライド・ボラティリティ  

      ※計算されない場合はリスク許容度を変更してみてください。

尚、3.56枚のように端数が出ますが、小数点第一位の0.5の部分は日経225miniで調整することができます。



Copyright © 2017 System Investments Adviser All Rights Reserved.