代表者の紹介とシステム運用投資顧問のご案内

システム運用投資顧問 TOP代表者の紹介とシステム運用投資顧問のご案内


代表者の紹介

代表者略歴

1977年 静岡聖光学院高等部 卒業
1978年 明治学院大学 法学部 入学
1983年 明治学院大学 法学部 卒業
1983年 明光証券(現 SMBCフレンド証券) 入社
1984年 明光証券(現 SMBCフレンド証券) 退社
1986年 大七証券(現 三菱UFJモルガン・スタンレー証券) 入社
2001年 公益社団法人 日本証券アナリスト協会の検定会員となる
2009年 三菱UFJ証券(現 三菱UFJモルガン・スタンレー証券) 退社
2009年 システム運用投資顧問 設立
代表者挨拶

 私は証券会社で長年個人営業をしてきました。そのときの経験では、ほとんどのお客様が損をされていました。 たまにバブルのようなことがあると一時的には利益がありますが、儲かるとそれを全額再投資し、最後には損をしてるお客様がほとんどでした。 自己責任で投資に失敗された方々は、まだ納得がいきますが、大手N証券に騙されて売れ残りのIPOをはめ込まれた方々、CBと抱き合わせでないと売れない株式投資信託を買わされた小口投資家・・・。 枚挙に暇がありません。当時は、そういうお客様になんとかしてあげられないものだろうかといつも考えておりましたし、微力ながらすこしはお役に立てたとも自負しております。 そして、その気持ちは今も変わりません。
 その方法として、大儲けはできなくとも、何とか安定的に利益を上げる方法はないかといつも模索しておりました。 言い換えますと、時系列で推移する相場というものに確率論的に安定的に勝利する方法です。たどり着いた結論はテクニカル分析でした。 時は1990年。バブル崩壊の始まりです。1989年末には38,900円だった日経平均が、イラクのクェート侵攻で20,000円を割れる激動の相場の中で、 テクニカル分析のできるコンピュータ・システムの開発をスタートさせました。 当時、トレード・ステーションはあったようですが、そのようなソフトは知る由もなく、また知っていたとしても高額で手が届かなかったと思います。 従って、全て自前で開発いたしました。最初は、株価のデータベースからで、データベースと基本的なチャートを表示するソフトができたのが1991年の5月の連休でした。 当時のパソコンはまだ記憶装置がフロッピーディスクで画面にチャートを表示するのに、ガチャガチャうるさく5分位かかるものでしたが、 それでもそれまで手打ちで打ち込んだデータが正しくチャートになるので嬉しくて、何度もガチャガチャさせてしまったのが、昨日のことのようです。 その後、「酒田五法」に始まり、「中源線建玉法」、「一目均衡表」、「ギャン・チャート」、「多変量解析」、「フーリエ解析」等を手当たり次第ソフト化し、試行錯誤を繰り返した結果、 クオンツ分析とテクニカル分析のを併用する現在のシステムに落ち着きました。
 クオンツ分析について一言申し添えますと、まるで万能のように言われておりますが、クオンツ分析と言えど、過去のデータに依存することは単なるテクニカル分析と変わりなく、 コンピュータに負荷をかけた割には出てくるデータはテクニカル分析と大して変わりない場合も多く、場合によっては、相場環境が使用条件に合わず使えない場合もあります。 ただ、通常のテクニカル分析とは違った側面のデータを提供してくれることも事実です。
 話を元に戻しますと、2007年の夏、ある大口投資家から、呼び出され3枚のレポートを見せられました。そのレポートはくだんの大口投資家が資金を出してソフト業界の人に作らせたシステムの 成績でした。正直、ショックを受けました。そのレポートの成績がよかったからではなく、 自前のシステムを開発しておきながら、そのシステムが何の役にも立っていない(当時は銀行出向)ことに愕然としたのです。 それまで、システムの開発にハードのパソコン、ソフトのOS、開発言語、書籍、そして何よりも膨大な開発時間(おそらく1万時間以上)等をかけていながら、 自己満足で終わったのでは一生後悔することになると思いました。 その晩、長年勤めた証券会社を退社し、私のシステムの有効性を世に問うことを密かに決意いたしました。 これが、システム運用投資顧問の設立に至った経緯です。

最後に、弊店のシステムをご利用いただくことで、投資家の方々の一助となれば幸いです。




システム運用投資顧問のご案内

  1. 名  称 : システム運用投資顧問

  2. 住  所 : 千葉県松戸市松戸1877-1 パークホーム松戸セントラルマーク1003号

  3. 連絡先  : TEL : 047-315-1978   MAIL: mail@hachida.jp

  4. 登録番号 : 関東財務局長(金商)  第 2383 号

  5. 代表者  : 八田 哲夫

  6. 分析者及び助言者 : 八田 哲夫(公益社団法人 日本証券アナリスト協会検定会員)

  7. 助言の内容及び方法等
  8. 弊店オリジナルのロジックによってプログラミングしたコンピュータ・システムがテクニカル分析及びクオンツ分析を行い、日経225先物について判断した売買シグナルを日足ベースで電子メール配信いたします。

  9. 弊店が行う金融商品取引業の内容
  10. 弊店が行う金融商品取引行為の種類は、金融商品取引法第2条第1項に規定する国内の日経225先物取引についてその行うべき取引の時期等に関する投資助言業務を行います。

  11. 報  酬
  12. 投資助言の報酬は、月額30,000円(税込)の固定報酬で、前月末日に課金徴収します。

  13. 契約期間、解約等
  14. 契約期間は契約日より起算して1年間とします。特段の申し出がなければ、自動更新いたします。解約の場合には、契約を解除しようとする日の1ヶ月前までにホームページから契約解除の意思表示をすることで成立します。なお、解除までの期間に相当する顧問料は日割り計算にてお支払いいただきます。(但し、クーリング・オフ期間は除く。)

  15. お客さまへ弊店が連絡する方法
  16. 原則、電子メールです。インターネットが使えない等、緊急の場合は電話連絡することがございます。

  17. 加入協会 : 一般社団法人 日本投資顧問業協会(会員名簿を協会事務局で自由に閲覧できます)

  18. 行政管轄 : 財務省関東財務局(弊店の経営内容をお知りになりたい方は、関東財務局で、「金融商品取引業者登録簿」を自由に閲覧できます)


Copyright © 2017 System Investments Adviser All Rights Reserved.